下半身ダイエットは逆立ちすると超カンタン?※楽々テクニック

最近下半身ダイエットの方法として、逆立ちが注目されています。逆立ちとは、手だけで体を支える運動のことです。
そもそもなぜ逆立ちが下半身ダイエットに良いかというと、腹筋、股関節まわりや太もも、腰まわりの筋肉を絶えず使う運動だからです。ですから、これらの下半身の筋肉を効果的に鍛えることができるので、自然と引き締めることができるのです。そして、下半身の筋肉が増えることで、体の代謝がよくなります。それで、自然とエネルギー消費がよくなるので、痩せやすくなります。
また、逆立ちをすることは、体内の内臓を正しい位置へ戻すことができます。その結果、体中の血液やリンパが流れやすくなるので、下半身に付着しやすい脂肪やむくみを解消してくれる効果もあります。
下半身ダイエットに効果的な正しい逆立ちのやり方は、まずは壁に向かって体をまっすぐに上げていきます。そして、体を壁にもたせ掛けたら、手の肘をきちんと伸ばして体を支えます。この姿勢のまま1分間耐えてください。この1回1分の逆立ちを、1日2、3回行うようにします。1回1分を続けるのが無理であれば、1回10秒から初めて徐々に時間をのばしていくといいです。
それと、このダイエットの注意点ですが、逆立ちをすると頭に血が集まってきます。ですから、長時間やりすぎると鼻血が出たり、頭が痛くなります。それと、飲酒後などの血圧が高くなっているときに行うと、脳の血管に大きな負担になります。気をつけてください。

必見♪


⇒芸能人も実践!下半身痩せダイエット方法ランキング



⇒痩せない原因はコレだった?骨盤ダイエットで腰回り・下半身痩せ!

読むほど痩せる?!ダイエットをはじめる前に知っておきたい♪


⇒お得情報満載!ダイエットメルマガの無料購読はこちらから♪