中年の下半身ダイエット講座※中年太りにお悩みの方必見!!

中年になると、若いころと同じ食生活をしていても太りやすくなります。
中年になると太りやすくなる原因のひとつは、筋肉量が低下することです。筋肉が減ると、基礎代謝がおちるため、同じ食事をしていても消費することができずに、体内に脂肪が蓄積されてしまうのです。からだの中でも、太ももは大きな筋肉のひとつです。この太ももを鍛えることによって、筋肉が引き締まり下半身ダイエットをすることができます。下半身ダイエットで筋肉を鍛えるためには、スクワットや自転車、階段の昇降がよい方法です。スクワットをする場合には、頭の後ろに手をおいて、ひざが前に出すぎないように注意しておこないます。
また、中年になると下半身が太りやすくなる原因のひとつは、骨盤の歪みによるものです。とくに女性の場合には、出産をするときに骨盤が開きますが、産後もそのままになっていることがあります。そうすると、ぽっこりとおなかが出てしまったり、老廃物がうまく排出されずにセルライトになったりします。まずは骨盤を正しい位置の戻すことが大切です。骨盤を正しい位置にするためには、脚を組まないようにしたり、ただしい歩き方をすることも大切ですが、整体で治してもらったり、骨盤ガードルやベルトを装着することで締まることもあります。
そして、むくみをとることも下半身ダイエットには効果があります。むくみをとるためには、脚の付け根やひざ裏にあるリンパ管をぐっと指で押さえると効果があります。

必見♪


⇒芸能人も実践!下半身痩せダイエット方法ランキング



⇒痩せない原因はコレだった?骨盤ダイエットで腰回り・下半身痩せ!

読むほど痩せる?!ダイエットをはじめる前に知っておきたい♪


⇒お得情報満載!ダイエットメルマガの無料購読はこちらから♪